カラス退治の方法とカラスの習性

街中でごみをあさったり、畑で農作物をめちゃくちゃにしてしまうことが多く、非常に厄介な鳥であるカラス。

カラス退治を試みても、なかなかうまくいきません。では、どのようにして効率よく、効果的にカラス退治を行うのでしょうか?そのためには、カラスの修正を知る必要があります。カラスはもともと雑食性で、木の実や草を食べるかと思えば、昆虫や鳥の死骸まで幅広く食べます。そのため、生ごみはカラスにとっては絶好の食糧なのです。また、畑に植わっている農作物も、カラスの絶好の餌食となってしまっています。ですが、そんなカラスにも欠点があります。

カラスは嗅覚が鈍いといわれており、エサを探す際にも視覚情報をもとに探しています。そのため、ごみ捨て場でごみ袋が半透明タイプであったり黒色であった場合には、カラスがえさを探すのは非常に困難になります。また、カラスは学習能力が非常に高いため、エサの隣に毎回カラスの嫌がる物質を置いておいたり混ぜておいたりすることで、何回かするうちにカラスは学習して近寄ってこなくなります。

実際に、トウガラシの辛み成分であるカプサイシンがこのような方法をとる際に使われています。このような習性を踏まえて、有効なカラス退治の方法は何なのでしょうか。最近では、近寄れないことを覚えさせるネットが多く用いられているほか、危険だということを覚えさせるためにカラスの嫌がる成分を配合したスプレーやレーザーポインターが多く用いられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *