農家が行っているカラス退治に便利な方法

農家は農地で稲が実って来るころになると、稲の周囲に網を張り巡らせて、カラスが侵入しないようにします。

やってきても網に絡まってしまうことから、嫌がってその場から立ち去るため、自然とカラス退治が出来ているという仕組みです。カラスはその場にいたくないと感じると、その場所へは近づかなくなる習性があるので、その習性を上手く利用した手法です。カラスを傷つけると行政に注意されてしまいますが、網なら怪我をすることがないので、人間とカラスのどちらにも効果的です。

田舎のほうで使われているやり方で、農地の周囲に海鳥の鳴き声が自動的に鳴り響く、スピーカーを設置することがあります。カラスは海鳥の鳴き声を聞くと天敵がきた、または苦手な生き物がいると勘違いをして、その場から立ち去ります。初期費用が結構かかる方法ですが、一度設置すれば永続的にカラス退治に効果があるのが魅力です。周辺の道を散歩したり、通学路に使用している人達に影響を与えないのも良い部分と言えます。

果樹園を運営している農家の中には、カラスが果物に近づいてくると、大きな音を立てて驚かせるスピーカーを設置している所があります。カラスは大きな音が鳴ると、自身に害が及ぶのではないかと不安に感じて、急いで逃げ出します。逃げ出したカラスは再び戻って来ない場合が大半なので、カラス退治が完了したことになります。急に大砲のような音が鳴り響くのが特徴ですが、周囲に人があまり通らない道で使われているため大丈夫です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *