ハトによる被害 効果的な駆除とは

ハトは古来から人間に飼われてきたことや、エサを撒いたりすることでなつきやすいことから可愛く感じる方も多いのですが、群れが居つくとやはり他の動物同様に被害をもたらすのです。集団で鳴かれるとうるさいですし、糞害も深刻です。悪臭であるのはもちろんのこと、ダニやゴキブリが発生する温床にもなり、病原体を媒介することから、放置しておくと病気にかかってしまうリスクも高まるのですが、体調を崩して免疫力が低下している時や子供の場合ではさらにその確率は高まります。防ぐにはベランダや屋根などにハトがよりつかないような防鳥ワイヤーやネット等のレイアウトを意識するようにしたり、こまめに清掃をしたりすることが効果的となります。

すでに棲みついている場合は駆除することになりますがただし問題もあり、実はハトというのは害獣指定されているわけではありませんから、むやみに駆除できるものではなく、巣を発見しても撤去するには法律的な手続きが必要であったりするのです。また被害のケースは多くあり、棲みついているわけではないのに糞の被害を被ってしまう場合もあり、このような場合では個人の力で駆除を行うのはかなり困難となります。そこでおすすめとなるのが駆除の専門業者で、ハトの習性や行動パターン、被害状況等を総合的に分析、判断して的確な処置を行いますから、個人では不可能なレベルの駆除となるのです。もちろんお金は必要となりますが、その後の事を考えた場合決して無駄な出費ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *