衛生上にもハトの駆除対策しましょう

平和の象徴のハトですが集団的な帰趨本能があり、一度定着してしまうと何度追い払っても戻ってきます。ハトが住み着くと糞を大量に落として非常に汚くなりますので、衛生的にもよくありません。放置しておくと病気の発生にも及ぶので非常に厄介です。しかも毎回清掃しなくてはなりませんのとても面倒なことになります。

ハトの住環境は適度なエサがあり雨露がしのげて、天敵の猛禽類やカラスが周囲にいないような環境を好みます。エサが定期的に補充されるような環境が近くにあるとなかなか出て行ってくれません。駆除する方法としては、エサの補充を断つことですがエサ場が遠くにあり、夜に眠るときにだけ巣に帰ってくるということもありますので、巣ごと撤去することがまず第一になります。ハトもカラスと同様にいろいろな材料(木の枝やスチールハンガーなど)を大量に持ってきて巣の一部にします。

まつこれを撤去して快適な環境ではなくすようにします。次の駆除方法としては、電磁波や磁界に敏感であるという習性をいかし、強力なマグネットを巣の周辺に設置します。つぎに集団で止まる場所に、キラキラと光るものCDなどをひもでいくつも吊るしておきハトの嫌がる環境を作ります。次に黄色い細いテグス線をピンと張って近づかないようにします。

最後にフクロウなどの猛禽類の置物を設置しておくと次第に近づかなくなります。住み着きだす前に、衛生上にも放置せずにしっかり駆除をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *