本能に働きかける超音波ネズミ駆除

超音波で、ネズミの敏感な聴覚に働きかけるネズミ駆除方法の評判が上昇しています。地震などの大災害起きる数日前から、ネズミなどの小動物が地域から姿を消すことが知られています。電磁場の影響だと指摘されていますが、人間よりも敏感なセンサーが危険を察知し、安全な場所へと避難させるのです。この特性を活かしたのが、超音波ネズミ駆除です。

ネズミが苦手な周波数を発する機器をクマネズミのいる屋根裏や天井裏、ドブネズミの好むジトジトした水回り周辺に設置し、毎日24時間ねずみに対して騒音を聞かせ続けて追い出します。超音波を使うネズミ駆除のメリットとして、殺鼠剤を使わないことで小さなお子さんが触ったり、食べることがない、ペットが誤って食べることがない、ネズミの死骸がでない、ペットがネズミの死骸を食べることがない、ネズミの死骸をみたり処理しなくて良いなどがあります。これに加えて、ねずみ駆除業者に頼まなくても良いというメリットも挙げられます。では、超音波によるネズミ駆除がどのような変化が起きるのでしょうか。

効果を発揮するとネズミの姿を見かけることが増えます。夜行性のネズミが、騒音の聞こえない場所を探すために昼間に活動していることが理由です。「ネズミが増えた」のではなく、ネズミが次の住処を探すため、人間の目に触れる機会が増えるのです。この間に餌となりえる、食べ残しや生ごみなどを徹底的に密閉しましょう。

すると、騒音被害と住処と餌がなくなったネズミは住処を後にします。ここまで効果を発揮するには多少時間がかかりますが、超音波を使ったネズミ駆除は大きな力を発揮します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *