会計士転職の概要と種類について

会計士転職は専門職ならではの分野に転職できるのはもちろん、会計的知識を生かして活躍する分野にも会計士転職は可能です。おもに求人の種類には会社の会計をチェックする監査法人から会計事務所、コンサルティングファームがメインの業種です。一方でベンチャーなど起業するような会計士転職も可能で、ゆくゆくはその会社のCFOの立場になることも可能なのです。特に公認会計士は財務会計はもとより、上場企業や大企業が決算を行う場合の知識はもちろんのこと内部統制システムに関する知識も期待されています。

このため面接の際にはどのような実績があるかを整然と説明することが可能なので、有利といえるでしょう。ただし給与にこだわりを持つようであれば、IPO関連のコンサルティングや会計に関するコンサルティングファームなどを選択することをおススメします。理由としては一般企業の経理だと給与レベルがそれほど高くなく、スキルに対してマッチングするかというとそうでもありません。代わりに激務であることは少ないというメリットもあります。

最前線でバリバリ働きたいのか、ワークライフバランスを重視した働き方をしたいのかで選択肢が変わってくるのです。経験を積んでいったあと、独立していくということも可能です。会計事務所としてノウハウや人脈があれば雇われの身よりも柔軟な働き方が可能ですし、報酬や投資も自分の裁量で決められるためです。ただし、その分のリスクは相応にあると言えます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.