公認会計士転職のメリット

公認会計士転職のメリットは何かというと色々あるので、詳しく見ていきましょう。まず給料が高いという点です。平均年収を見てみると、1000万円を超えています。しかも試験合格者が1年目にもらえる初任給も30~35万円と、普通の新卒採用者の初任給よりも10万円以上高いです。

また社会的地位が高いというのもメリットです。公認会計士は社会的信用力があるので、家や車を買う時もすぐに金融機関からローンが通ります。さらに職が安定しているというのも魅力です。公認会計士転職して、監査法人に入る事が出来れば大手企業の経理部や財務部にも入る事が出来ます。

そして会社も正直選びたい放題なので、職に困るという事はありません。他にも税理士にもなれるという魅力があります。公認会計士転職をする時に資格を取らなければならないのですが、この資格を取ると税理士資格も一緒についてきます。その為税理士として活動する事も可能です。

それから自由に働く事が出来るというのも大きなメリットです。独立したければ出来ますし、税理士になりたければなれますし、監査法人に入る事も出来ます。しかも公認会計士の仕事はパソコンさえあればどこでも出来る仕事なので、在宅ワークも可能ですし働く時間帯も自分で好きに調整する事が可能です。その為会社勤めをしたくないという人には非常に向いています。

このように公認会計士転職はメリットが多いので、興味がある人は挑戦してみると良いです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.