会計士転職を成功させるコツ

会計士転職を成功させたいのなら、まずは目的を考えなければなりません。これから税理士試験を受けるという状況では、勉強時間を確保することを一番に考える必要があります。試験を受ける前の段階では、残業が少なくて仕事量が安定していることが選ぶ際の条件となり、上手く勉強時間を確保できるような事務所が望ましいと言えます。一般的には高齢の経営者が運営している事務所の方が安定した顧客を持っていると言われており、仕事量もセーブできるのがメリットです。

大人数の税理士がいる事務所では大きな仕事は税理士が担当することになり、負荷が少ないことが予測されます。これらの点を考慮しつつ、仕事量が抑えられるところを選択しましょう。既に資格を所持している人の会計士転職でワークライフバランスを重視したい場合には、残業が少なくて職場の人間関係が良好なところにするのがお勧めです。子育て等に理解のある事務所では育児と仕事を両立しやすい環境であり、パートやアルバイトが多数在籍している事務所なら多様な働き方に理解があります。

このあたりは経営者の考え方で変わりますので、在籍しているスタッフの構成や有資格者数を調べてみると良いかもしれません。独立開業を目指す人の会計士転職では、選択肢は一般的な会計事務所になります。一般的な会計事務所では会計業務を行いながら事務所の経営についても学べますので、働きながら独立の準備を進めることができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.