スキルアップを目指す会計士転職

スキルアップを目指す会計士転職では、より目的を明確にしなければなりません。スキルアップといっても色々な目的があり、例えば将来的に独立起業したいという希望を持つケースがあります。会計士の仕事では独立することは珍しくありませんから、ノウハウはインターネット上でも調べることが可能です。ただし実務の中でも学べることが多々ありますので、一般的な会計事務所に入って会計業務をこなしながら事務所の運営についての知識を身に付けるのがお勧めです。

ノウハウを吸収して将来の独立の時に役立てることが会計士転職の主な目的となるため、在籍している間はできるだけ幅広い知識を身に付けられるように心がけましょう。会計事務所ごとにカラーがあり、特定の分野に特化した事務所も存在します。専門分野を持つ事務所はその方面に強みを持っていますので、スペシャリストとして活躍したい人に向いています。この場合の会計士転職では、イレギュラーな案件を取り扱っているかを重点的に見ることが大切です。

一般的な事務所ではイレギュラーな案件を嫌う傾向にあり、専門分野に特化している事務所ではそれを前面に出してアピールしているはずです。純粋にキャリアアップしたいと考えているのなら、大手の監査法人を目指すのも悪くありません。若いうちに様々な経験をさせてもらえますし、仕事の内容が充実してくると年収にも反映されます。また、将来を見据えた人脈作りにも一役買いますので、大手の監査法人には多くのメリットがあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.