会計士転職に応募する

まず会計士とは簡単に申し上げますと、会計にかんするプロフェッショナルとして働く人のことで、正式実生は公認会計士で弁護士や医師と並ぶ三大国家資格の1つを持つ人のことで、会計士転職を希望する方はこの国家資格を取得することから始まりますが、やはり難しく難関です。しかし公認会計士試験に合格してしまえば、後はこのなかなか合格することのできない資格を有しほとんどの方が監査法人に勤め、スタッフからシニアへ上りマネージャーから更にパートナーへと出世すればパートナーの平均年収は3千万円以上ともいわれ会計士は王道のキャリアといえますので、経済的な成功は確かなものとなり監査法人で経験を積んだ後に、自分の事務所を独立開業することもできます。公認会計士の仕事はとても広く多く働く場所によっても大きく異なりますので会計士転職を考える際は、自身が何をしたいか目的をはっきりさせることが必要ですが、主に企業の成績表である財務諸表が適正に作成されているかをチェックする仕事である監査業務と税務業務を独占する業務を行っています。逆に、会計士転職には資格合格者が少ないため他の企業から専門的な知識を必要とされ求人オファー数が多く専門知識を活用して、コンサルティング業務や企業の中で組織内会計士として活躍することなど幅広い分野で活動することができます。

会計士の約半分の方は生涯監査法人に所属していますが、残りの半数の方は一定の経験を積んだ後に別の職業に就いています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.