会計士転職をする際の注意点

近年複雑化する会計法令に対処するため、そのスペシャリストである会計士へのニーズは高くなっています。このため会計士転職する人も多くなっており、その求人も増えています。そんな会計士転職をする際の注意点として挙げられるのが、求人情報をよく読むことです。これは基本的なことですが、意外に守られていないケースが多くあります。

特に会計士転職の求人には年齢や経験年数など、いくつかの制限を設けていることがあります。そうした制限を十分にチェックせずにエントリーしたために不採用になったというケースがよくありますので、求人内容は十分にチェックするようにしましょう。また、勤務地についても注意が必要です。多くの求人においては採用後の勤務地について記載がありますが、中には記載されていないものもあります。

そうした求人についてはエントリーする前に採用担当者に確認することが大切です。採用後、思わぬ場所に配属されたといったケースも多くありますので、これも注意が必要です。採用後の勤務地が記載されている求人であっても、将来的には他のエリアへ異動する場合もあります。他のエリアへの異動に支障がある場合においても、将来的な異動について採用担当者に確認すると良いでしょう。

このほかにも、求人内容で疑問に感じたことは積極的に採用担当者に確認することが大切です。分からないままにエントリーしてしまいますと、あとあとトラブルのもととなりますので、疑問点はエントリーする前に解消しておくことが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.