自身の市場価値を把握することから始まる会計士転職

会計士は、難関な国家試験をクリアしてなることができる資格の一つで、企業などの会計を掌るスペシャリストの立場になります。近年は企業会計の国際化による規制や制度の変化も多く、しかも改正される法律に対応していかなければならないため会計士の役割は重要です。また企業の買収などのM&A案件も増えているため、会計士の存在もクローズアップされています。なお会計士転職では、ほとんどが企業などに所属して、そこでの仕事を展開した経験を持つことが多いので、その実績を押さえることがポイントになります。

その上で会計士転職サイトで、今の自分の実績からの市場価値を把握することから始まります。難関な資格をクリアしても実際に実績がなければ、判断はしかねるので、例えば新聞紙上でも賑わいを見せた案件などに関わってきた場合には評価されることも多いです。なお会計士転職で重要なことには実績ですが、それは雇う側の安心には繋がりますが、必ずしもそれだけで評価されるべきではありません。やはり一般的な就職活動と一緒で、人柄や責任感なども決め手になりやすいです。

近年の会計絡みの不祥事が多い点を考慮すると、事務的過ぎて誠実さや責任感が欠如しているケースもあります。組織ぐるみで不正が行われ、会計士も不祥事に加担してしまう事例もよく存在します。そのため会計士転職では、会計に関しては独立した姿勢で臨むことも重要で、雇われる雇われないの話よりも自分の会計に関する信念を持つことも重要です。それが企業の永続的な営業活動にも貢献し、信用ある企業として評価も高まります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.