会計士転職のための試験攻略法

企業会計をサポートするなど、重要な役割りを果たしている会計士は今やなくてはならない存在となっています。しかも今では会計法令が複雑化しているため、会計士へのニーズはますます高まっています。こうした状況から会計士転職する人も多くいて、会計士転職に関する求人も盛んで、人気の職種となっているところです。そんな会計士転職をするに当たっては、まずは会計士という資格を取得しなければなりません。

会計士という資格を取得するには、公認会計士・監査審査会が実施している公認会計士試験に合格することが必須となります。この試験は短答式と論文式の2種類が実施され、いずれも会計に関する知識を問う問題となっています。公認会計士試験は資格試験の中でも難しい試験に分類されますが、攻略をしっかりとしておけばそれほど難しいものではありません。攻略方法としては、とにかく基本的な知識を蓄えておくことです。

難しい試験というと基本をおろそかにしがちですが、これは誤りです。むしろ難しい試験ほど基礎が非常に重要となります。会計に関する基礎的な知識をしっかりと蓄えておきましょう。また、参考書を購入する際はできるだけ少なくすることも重要なポイントです。

何冊もの参考書を購入してしまいますと、論点が分かりづらくなりますので、自分に合った参考書を購入して、それを徹底的に理解することが重要です。さらに専門学校を利用する方法もあります。専門学校には経験と知識が豊富なプロの講師がいますので、効率的かつ効果的に学習を進めることができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.