会計士転職で年収が跳ね上がるのは特定スキルも理由に

給与推移はいったいどうなるのか働き方も含めて、会計士転職後に待ち受ける職場環境もさることながら、給与面が気にならないはずがありません。社会的にも求められている資格となる公認会計士、会計士転職として最も一般的と言えば経理です。なぜ会計士転職で経理が不動の人気を維持し続けているのか、それは転職先として事業会社などの経理を選ぶと残業も少ない定時での退社ができるため、もしも残業があっても年度末とか特定の時期だけですから問題はありません。つまり転職先として選ぶことで、安定したワークバランスまで同時に得られるということです。

実際に経理へと公認会計士が転職を果たした際に、どれくらいの年収を得られるのか、仕事をするうえでお金のことは明瞭にしておく必要があります。平均的な数字で見た際の年収は、およそ770万円ほどですから悪くはありません。求人サイトや雑誌には毎日多数の公認会計士向け求人が出されていますが、経理の求人は割合として30%はあります。この数字から見てもいかに公認会計士が需要あるライセンスの持ち主かがうかがい知れますし、高い需要のあることは明確です。

経理といってもポジションも違えば、各企業ごとに希望するスキルも違いがあります。求められる要素により転職後も、得られる給与及び年収は違いますので、得意分野のスキルを得ておくことも強みとなるはずです。一般的な絵経のスキルなら平均年収は770万円ほど、これが英語力があったりM&Aスキルもあれば転職後は、870万円前後の年収を目指すこともできます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.