年間を通して十分な求人に恵まれている会計士転職

闇雲に動くのではなく会計士転職をスムーズにするためにも、計画を事前にきちんと立てることは大切です。税理士法人や監査法人に事業会社など、会計士転職を決める際のフィールドは広く、それぞれに絶好の転職タイミングがあるはずと考えます。事業会社も人気は高く年に2回のボーナスは期待ができますが、支給された後の夏なら7月から8月あたり、冬なら12月から1月は、どの企業からも退職者が多くなる時期です。こうした一般的な会社の傾向からもわかるように、ボーナス支給直後は狙い目でもあります。

11月から12月には決算前人員調整がありますし確定申告もあり、このタイミングで転職をするのに良いのは税理士法人です。梅雨の時期真っただ中となる6月が会計士転職としてマストな時期となるのは監査法人、理由は3月の慌ただしかった決算作業も一区切りつく頃なのでチャンスになります。掘り下げると各転職先ごとの良い転職タイミングはありますが、求人数は実際のところ年間を通してありますし、急激に大差が出るということもありません。通年を通して十分な求人があるのも公認会計士転職の強み、事業会社をはじめとして税理士法人であれ、大手監査法人であっても同様です。

繁忙期と呼ばれる時期がありますが、その時に公認会計士転職活動をするのがコツ、転職活動はこの時期に積極的に行う方が優位に進みます。理由は競争相手がその時には、他の時期よりも減ることであり、チャンスを逃さないことです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.