仙台の転職は実務経験によっても事情が異なる

東北の中でも人が多く集まっている仙台は、日本の中心地である東京を意識したビジネス展開を行っており、地元密着型でありながらも全国的に高い競争力を持つことを目標としています。仙台の転職事情としては、全体的に人手不足の傾向にあるので、若ければいずれかの企業に採用される可能性が高い状態です。ただし、中途採用の求人を出している業種が偏っており、短期間で社員が辞めてしまう企業も多々見られます。基本的に地元だけで循環している地域ゆえ、他の地域から仙台に移住してきてまで転職する方はあまりおらず、逆に自分が望む業種に転職するために上京する事例が続出しているのが現状です。

仙台の行政としても、そのまま人材流出が続くことは好ましくないので、システム開発の受注といった新たな産業の育成に力を注いでいます。元々、地元愛が強い地域だから、同じ業種の企業同士で結束して取り組むケースも多く、長期的には大きな経済成長が見込めるのが仙台です。今後は、競争が激しい地域で鍛えられてきた人材の受け入れによる底上げが課題であり、官民共同で将来を担ってくれる住民を募集しています。同じ東北から転職する場合では、高卒ですぐに現場に入っている方が珍しくなく、きちんと教育すれば伸びる地元の人材の活用についても議題に上がっています。

実務経験があればより良い転職先が見つかるので、いかにして即戦力の人材に地元を選んでもらうのか、あるいは、外部から呼び込めるのかがポイントです。税理士転職のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.