仙台市の人も転職には積極的です

仙台市といえば、宮城県の県庁所在地であり、同時に、東北地方における最大の都市でもあります。仙台市は「杜の都」の異称をとっていますが、確かに、広瀬川や青葉山などの美しい自然があり、都心部では街路樹がきれいに整備され、緑が大変に目立っています。そもそも、仙台市は伊達家城下町にルーツがあります。ですから、都心部の道路はおおよそ碁盤の目状になっています。

都市としての本格的な発展は、近代になってからのことと言われています。かねてより、東京への進出が盛んに見られています。就職するときも、東京本社の会社に勤めるとか、あるいは、一旦、地元の会社に入社しても、その後、機会を見て、東京の会社に転職する事例は少なくありません。現代という時代においては、転職ということにさほどの心理的抵抗感を持たない人が増えてきています。

自分にあった職業であれば、すぐにでも転職したいという傾向は極めて強くなってきています。もちろん、それは普遍的な現象であって、決して仙台だけに固有のものではありません。日本の多くの人が、転職に対して柔軟に考えるようになってきているのです。かつては、一旦入社したら、定年まで勤務するのが常識だと考えられていました。

しかし、いまや、新卒で入社人でも、3年以内に30%はやめてしまうという時代です。転職に対する発想が柔軟なものとなってきたのは、ある意味、時代の流れかもしれません。仙台市でも決して例外ではありません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.