米国税理士は海外転職に有利だ

米国税理士とは、アメリカ全土で使える国家資格です。この資格を持っていると、通常の税務業務だけでなく国際税務企画やコンサルティング業務などで活躍できます。米国税理士の資格は、財務の知識とそれを実現できる英語力があることを示します。よって海外に転職するときに有利になります。

海外では専門的な用語をその国の公用語で使いこなす必要があります。米国税理士は、幅広い業務を取り扱っています。主な業務は申告代理業務です。日本では源泉徴収ですが、アメリカは個人で申請する決まりがあります。

その他にも顧客とIRSを仲介して、税務申告や税務調査の説明、交渉、不服申立ての業務があります。日本の社会保険労務士にあたる職業がないので、年金制度も対応しています。税法に詳しければセミナー講師になる選択肢もあります。アメリカの国家試験なので、日本で受験することが可能です。

1年間に9~10回試験が行われます。試験内容は全て英語ですが、専門用語を頭に入れておけば読解はそれほど難しくありません。試験科目は3つに分かれており、全てをパソコンで回答します。合格なのかその場ですぐに判明します。

それぞれの科目を別に受験でき、合格を繰り越せるのは2年までです。試験に合格したら書類をIRSに提出する必要があります。米国税理士の資格は簡単に取得できるとされますが、合格するのは全体の3割ほどです。海外に転職を考えている人は、米国税理士の資格を持つのが良いです。

会計士転職のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.