個人事業主の確定申告は税理士に任せる

さらなる事業展開を考えている個人事業主は、税理士に経理や確定申告を依頼すると良いです。まず、経理に関する業務から開放されます。自分で経理を担当すると、領収書の整理や集計に時間がかかります。特に本業が軌道に乗っている場合、経理に時間を割いていられなくなります。

本業以外の業務を税理士に委託することで、本業に専念することができます。次に、書類に不備がなくなります。市販にも経理に知識がない人が簡単に利用できる会計ソフトがあります。しかし、65万円の青色申告特別控除を受ける場合は例外です。

複式簿記や税法について基本的な知識を備えていないと、会計ソフトを使いこなすのは困難です。消費税法の課税取引と非課税取引にどちらに当てはまるかなど、仕訳を入力するときに問題が発生します。時間をかけて仕訳入力を完了しても、誰もそれが正しいか判断できません。税理士は会計帳簿や確定申告書の作成が得意なので、法律に基づいて正確な書類ができます。

また日本の税制は、広く知られていない特例がたくさんあります。所得税や消費税の特例は、確定申告書に特例を受ける旨を書いておかないと、適用されません。最新の税制や節税対策について詳しい税理士に依頼すれば、納める税金も安くで済みます。さらに低コストが実現します経理のアルバイトを雇うと、月に8万円~10万円の給料を払うのが一般的です。

一方、税理士は数万円で業務を請け負うので、経費を削減したい個人事業主におすすめです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.