相続税の相談は税理士にする

税金の相談は、何も確定申告の際だけに行うものではありません。身内が亡くなったときにも行わなくてはいけないのです。特に、被相続人が多額の財産を抱えて亡くなった場合には必ず相続税を支払わなくてはいけませんので、その計算を税理士に行ってもらう必要があります。一般的に、税理士は個人と顧問契約をして仕事をすることはほとんどありません。

個人の相談を受け付けているときには個別に案件を聞くことになっているため事務所に相談に行くことによって容易に問題を解決してくれます。では、相続税を計算してもらうときにはどの程度の費用が必要になるのでしょうか。実は、相続税に関する費用はそれほど大きくはありません。税理に限ったことではありませんが、基本的に法律家に対する相談は普通の相談と事務手続きで終了できる場合には大きな金額を請求されることはないのです。

弁護士に対する相談の中でも裁判上の案件になってしまうときには裁判の成功報酬と合わせて費用を支出しなくてはいけないため大きな金額になりやすいのですが、税金の申告はあくまでも事務手続きの一つなので一般的な費用で済ませることが可能です。実際に、相続税の相談で必要になる費用は相続した全体的な財産の約1%程度の費用を支払っておけば十分です。相続税の計算をしてもらうときには前もって税理士に財産に関するあらゆる資料を渡しておくことが必須なのでその点だけ忘れないように注意をしましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.