税理士の業務内容について知ろう

近年の資格ブームで注目されているのが税理士の資格です。税理士になるには国家資格であり、難易度の高い試験を受ける必要があります。しかし、就職や転職に有利で自分の事務所を構えることも可能とあって資格取得を目指す方が増えています。私達の日常生活に身近に感じることが少なく、確定申告をイメージする方も多いのではないでしょうか。

税理士は税金に関するプロといわれていますが、納税の相談の他にどのような仕事をしているのかを挙げていきます。税理士のみが行うことが出来る業務として定められているのが税務書類の作成、税務代理、税務相談です。それでは、それぞれの業務の内容を見ていきましょう。まず税務書類の作成とは、納税者の代理として税務官公署に提出する確定申告書や相続税の申告書、請求書等の書類を作成することをいいます。

次の税務代理は、納税者の代理として税務官公署に確定申告等の申告や申請、請求を行います。また税務調査の立ち合いや税務署への申し立てを行います。これは、確定申告や相続税について私達の代わりに申告し、税務署から書類の不審なところを指摘された場合は私達の代わりに説明をしますということです。税務相談とは納税者には分かりにくい税金の計算等の相談に乗ることです。

企業と契約を結んで経営コンサルティングとなる税理士もおり、納税者の心強い相談相手となっています。近年では高齢者の成年後見人制度や相続等に関する業務が増えています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.