会計士転職をする時厳しい事は何か

公認会計士が転職をする場合、会計士転職サイトに登録することがあるかもしれません。会計士登録サイトと呼ばれるところがありませんが、それに近い名称のところは存在します。会計士転職サイトの多くは、専門的な知識を持ったスタッフがおり、紹介する案件もほとんどは会計士に関するものです。そのため、再び会計士の仕事をしたい場合には、そのようなところに登録をして新しい転職先を見つけるのが良いです。

この時問題になるのは、金銭的な問題かもしれません。通常転職をする場合には、前の会社よりも給料が上がる事は少ないです。多くの場合、日本では転職をすることに給料が減っていく流れです。これは、古い会社に多くありがちですが、会計士転職をすればするほど終身雇用に比べて不利な扱いを受け、評価が下がるわけです。

なぜか日本では、1つの会社に長く勤務し続けている方が価値があると思われているからかもしれません。もし選ぶならば、そのような会社は避けた方が良いです。そして金銭的な問題は、仕事を辞めてから新しい職場を探す場合にも考えられるでしょう。仕事を辞めた場合でも、すぐに職場が見つかるとは限りません。

理想としては、転職活動をしながら前の会社に勤務するのが良いかもしれません。そうすれば、金銭的な問題は少なくなるでしょう。ただそのようなやり方をすると、途中で怪しまれてしまう可能性があります。いつもは残業までするのに、残業できなくなることや突然有給休暇をたくさん入れるようなことがあり、もしかしたら転職活動しているのではないかとばれるケースがあるかもしれません。

うまくバレないように行うことが成功の鍵となるのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.