会計士転職事情について

公認会計士は開業登録をした後に、監査・会計の専門家として、独立した立場において監査証明を主たる業務とします。公認会計士試験に合格して国家資格を有している者が公認会計士になることができるので、狭き門になります。公認会計士の資格を持つと、税理士会に登録するだけで、税理士の資格も保有することができます。公認会計士は、幅広い業務をおこなうことができるので、求人も多くあります。

公認会計士転職は、専門的な知識が必要になる仕事になるので、転職先が見つけやすいといった特徴があり、選り好みしなければ転職先に困ることはまずないです。公認会計士が転職を決める理由がいくつかあります。公認会計士の勤務先はほとんどが監査法人になり、監査に関する業務をおこなっているので、監査の仕事以外に税務の仕事など経験してスキルを磨きたいと思う方が多いです。将来の独立に役に立つように公認会計事務所に転職を希望する方や、現在働いている事務所の勤務形態に不満がある場合などさまざまな理由があります。

公認会計士転職先は経理部や監査法人・国内系FAS・監査法人アドバイザリー・会計事務所などがあります。会計士転職の選び方は、ワークバランスがとれるかどうかや、転職先で身につけることができるスキルなどを考慮して次の職場を見つけるようにすると良いです。人間関係で転職をする場合は、転職活動をする中で従業員と実際に話してみて、自分に合った職場かどうか選ぶと良いです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.